下克上で初心者は本当に稼げるのか?

今回は "下克上" という教材について、
僕なりの見解をお伝えしておこうと思います。

 

2012年に発売されて以降、最近ではバージョンアップもしている、
名実ともにトップクラスの再現性を誇るノウハウです。

 

 

gekokujo_top

商品名 下剋上
販売者 バナナデスク(岡田 崇司)
販売会社 株式会社move

 

 

成果を出しやすい

 

下剋上は初心者やノウハウコレクター脱出のための教材として有名ですが、
その最大の特徴は、何と言っても "成果の出しやすさ" という点に
あると思います。

 

ライティングやSEOと言った難しいテクニックが求められる
一般的なアフィリエイトノウハウでは、
稼げるようになるまでにどうしても時間がかかってしまいます。

 

ビジネスで成功するには、"やり切る" ことが非常に重要ですが、
稼げていない人のほとんどは、やり切る前に諦めてしまっています。

 

稼いだことがないと、"あとどれだけやれば良いのか" とか、
"自分が向かっている方向は正しいのか" などと何かと不安になるもの。

 

やがてその不安に耐えきれず、
自分すらも信じられなくなって諦めてしまうわけですが、
結局のところは、なかなか成果が得られないことに原因があります。

 

成果が得られてさえいれば、
モチベーションの維持はそれほど難しくはありませんからね。

 

販売元のバナナデスクさんも言っていますが、
初心者こそさっさと成果をあげることを最優先に考えるべきなんです。

 

シンプルなノウハウ

 

下剋上が稼ぎやすいと言える理由は、ノウハウのシンプルさにあります。

 

この教材ではブログの開設から広告の設置、
キーワードの選定まで非常に分かりやすく事細かに解説されていますが、
それほど多くのテクニックについては語られていません。

 

この点について物足りなさを感じる人がいるようですが、
僕の意見は全く逆で、稼ぐためにはこれで十分だということです。

 

半端じゃないボリュームの教材もありますが、
初心者がそれを全て実践することは、
実質不可能に近いことの方が多いんですね。

 

実際に僕も初心者の頃に、その類の教材を買ったことがありますが、
読んだだけでお腹いっぱいになったのを覚えています。

 

結局何からやれば良いのかも分からず、
だらだらとノウハウをなぞるだけになってしまいました。

 

所有欲を満たしたいだけならそういう教材でも良いでしょうが、
最短距離で稼ぎたいならば、情報は取捨選択することです。

 

"役に立つかもしれない情報" は必要になってからで良く、
取り込む情報は、今まさに必要なものだけに絞らなければなりません。

 

インプットというのは単に多ければ良いってものではなく、
情報過多になると実践にも無駄が生じてしまいます。

 

そういう意味で下克上は必要最低限に絞られていると言えるし、
初心者でも迷うことなく成果につなげられるノウハウだと言えます。

 

下剋上でやることは、
検索されやすそうなキーワードを使って記事を書くということだけです。

 

通常のアフィリエイトでは、
"集客" と "販売" ということを意識しなければなりません。

 

ブログにおける集客とはアクセスを集めることになりますが、
そのためには自分のブログを見つけてもらいやすいように、
SEO対策などによって検索エンジンで上位に表示させる必要があります。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、
SEOというのは一朝一夕ではなりません。

 

自分のブログやサイトを目立つ場所に表示させたいと思っているのは、
アフィリエイターだけではありませんからね。

 

それこそ企業やトップアフィリエイターたちは、
ここに資金をガンガン投入しているわけですから、
初心者がいきなり割って入るとなるとかなり難しいわけです。

 

また販売という点においては、
成約をとれる記事を書かなければなりません。

 

商品を売るわけですから、マーケティングはもちろん、
コピーライティングなどの文章を書くスキルも高める必要があります。

 

いくらアフィリエイトが誰にでもできるビジネスであるとはいえ、
成果を出すとなると、それなりのスキルや経験、時間が必要になるわけです。

 

一方、下剋上で提唱している "トレンドアフィリエイト" という手法では、
先に挙げた2つのうち、やるのは "集客" のみとなります。

 

トレンドキーワードという今まさに旬の話題を表すキーワードを使うことで、
実質的にSEOを意識せずとも検索結果の上位に表示できてしまう、
通常のアフィリエイトの考え方には捉われない手法です。

 

とはいえ、この下剋上は2012年に発売されていますので、
今ではスタンダードの手法と言えますが。

 

下剋上でトレンドキーワードの使い方をマスターしてしまえば、
SEOに悩まされる心配もなくなるわけです。

 

もちろんデメリットがないわけではありません。

 

稼ぎやすいという反面、大きく稼ぐのにはあまり向いていません。

 

このノウハウの特徴はシンプルさや単純さにあるため、
文章が苦手であっても記事を書く難しさはありませんが、
それを補うために、それなりの投稿数が必要になってきます。

 

つまり手間が発生するため、
不労所得や自動化にはあまり向いていないということです。

 

商品ページに書かれているとおり月に50万を狙おうとすると、
下剋上に書かれているとおりにやるだけでは難しいでしょうが、
10万、20万程度であれば問題とは思います。

 

驚愕の "全額返金サポート"

 

下克上の最も凄いところは、これほどの実績があるにも関わらず、
180日以上実践して10万円以上稼げなかった場合には
全額返金に対応してくれることです。

 

しかも返金後も、購入日から1年間はスカイプサポート付き。

 

ちょっと意味わかんないですね^^;

 

全額返金サポートがついている教材はたまにありますが、
ちゃんと返金されなかったりする場合があるんですね。

 

下克上に関しては返金されなかったという話はないですし、
返金されないようなら、僕から掛け合っても構わないと思ってます。

 

そもそも適当な対応をしてるようなら、
3年も売れ続けることもないですしね。

 

ただ、勘違いしないで欲しいのは、
"全額返金" がメリットであると言いたいわけではありません。

 

全額返金を保証できるぐらい、
販売者の自信とプライドを詰まった教材であると言いたいだけです。

 

最初からこの返金保証を当てにしている人が
稼げるようになるとは思えませんので、やめておくべきでしょう。

 

間違いなく時間の無駄になるので。

 

とは言え、一歩が踏み出せない人にとっては、
これほど心強い保証はないはずです。

 

"お金を稼ぐために投資をする" という考え方は、
ビジネスを仕掛けるものとしては非常に重要なマインドです。

 

ただ、稼げていない人がなかなか投資に踏み出せない気持ちも
分からないわけではありません。

 

そういう人たちも稼げるようになってしまえば、
積極的に投資に踏み出すものなんですが、
大体の人はそこに至る前に挫折してやめてしまいます。

 

そうならないために、初期費用ゼロで実践できるように作られた
アフィリエイトノウハウが、この下剋上ということです。

 

>> 下克上の詳細を見てみる

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ