複合キーワードを制する者は検索エンジンを制す

検索結果の上位表示を狙う上で
"最も重要かつ効果的なSEO対策" とは何か?

 

それは、検索する時に使われそうなキーワードを
タイトルや記事本文に盛り込むことにあります。

 

実際に無料ブログを使って実験をしましたが、
記事の内容そのものはお粗末でも、
タイトルや本文にキーワードが適切に入っていれば、
狙ったキーワードでの上位表示は可能でした。

 

実験結果はこちらの記事にまとめています。

 

>> SEOで無料ブログを検索結果の上位に表示させてみる(前編)

 

しかしこの当たり前のことをやっていない人が
多いのも事実です。

 

そこで今回はキーワードの考え方と戦略について、
お伝えします。

 

 

ターゲットをイメージする

まずはターゲットとなる読者をイメージします。

 

この重要性については以前お伝えしましたが、
まだの方はまずこちらの記事に
目を通してみてください。

 

>> 稼げるブログは読者を限定している

 

どういう人に向けて情報を発信しているかによって、
アプローチが変わります。

 

例えば、相手が男性か女性かだけでも、
話す内容や接し方が違うはずです。

 

年代や地域によって、使う言葉も変わるでしょう。

 

"出会い" というジャンルで考えた場合、
20代には "合コン" ですが、
30、40代なら "婚活" となるわけです。

 

もちろんターゲットが求めるものも違います。

 

前者は "彼氏""彼女" であり、
後者は "旦那""嫁""パートナー" と言うことに
なります。

 

40代の独身女性がターゲットならば、
合コンサイトよりも婚活サイトの方が
成約の確率が高いのは言うまでもありません。

 

あなたのブログにターゲットを引き込むためには、
ターゲットの明確なイメージが必要です。

 

 

キーワードは頭で考えるものでない

自分の頭の中にある情報だけを頼りに、
キーワードを捻り出そうとしてませんか?

 

キーワードは調べたり探したりするものです。

 

直感や閃きの要素もありますが、
閃きだけで良いキーワードは得られません。

 

考えてみれば当たり前だと言えますが、
検索する時にキーワードを指定するのは、
あなたではなく、ターゲットとなる読者です。

 

誰も思いつかないような奇抜なキーワードは、
必要ありません。

 

ここで知るべきは、
ターゲットが使いそうなキーワードです。

 

ブログの趣旨とは一切関係のない、
いわゆる "自身のこだわり" のようなキーワードを
タイトルに含めている人もいますが、
SEOの観点で言えば、あまり得策とは言えません。

 

その "こだわり" のキーワードで検索する人は、
そのブログで発信されてる情報を
求めていない可能性の方が高いからです。

 

"こだわり" を売りにする戦略もありますが、
知名度のないブログでは成り立ちません。

 

繰り返しになりますが、SEOで重視すべきは、
ターゲットが使いそうなキーワードを選ぶことです。

 

 

軸となるキーワードを選ぶ

キーワードを選ぶためには、
まず候補となるキーワードを抽出する必要があります。

 

キーワードの候補を探す場合には、
GoogleやYahoo等で提供されているツールを
使うと良いと思います。

 

Google Adwords キーワードプランナー
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

 

Yahoo キーワードアドバイスツール
https://promotionalads.business.yahoo.co.jp/

 

これらのツールは無料で提供されていますので、
キーワードを抽出する上で重宝されています。

 

ツールの詳しい使い方は、
他のサイトでも紹介されていますので、
ここでは割愛しようと思います。

 

ただこうしたツールは、
"あるキーワード" に対して "関連するキーワード"
抽出するものです。

 

"婚活" と言うキーワードに対して、
"パーティ""バスツアー" が関連キーワードです。

 

つまりツールを使うにあたっては、
"婚活" のような "軸となるキーワード" が必要になります。

 

軸となるキーワードに求められるのは、
ブログで発信する情報がどんなものであるかを
端的に表していることです。

 

特定の商品についてアフィリエイトするならば、
その "商品名" が軸となるキーワードになるでしょう。

 

商品名自体に知名度がなければ、
"出会い" "合コン" "婚活" と言った
ジャンルを表すものキーワードでも良いかもしれません。

 

ただここで一点注意してください。

 

キーワードの意味する範囲が大きいほど、
ターゲットも広範囲となるので、
検索時に使われる頻度が高くなります。

 

自分のサイトにより多くのアクセスを集めたい人は、
当然検索ボリュームの多いキーワードを使います。

 

そうしたキーワードは競合が発生しやすく、
上位表示が難しいと言うことです。

 

このような検索ボリュームの多いキーワードを、
"ビッグワード" と呼んだりします。

 

基本的に "ビッグワード単体" での上位表示は
諦めた方が良いでしょう。

 

検索してみれば分かりますが、
上位表示されるのはほとんど企業のHPか、
大きな規模のサイトばかりです。

 

上位表示には、膨大な時間と費用と労力が
必要であることを意味しています。

 

個人レベルではとても歯が立ちません。

 

その点を踏まえると、
"ビッグワード単体" での上位表示には
あまり拘るべきではないと言えます。

 

それどころか、アフィリエイトにおいて、
"ビッグワード単体" での上位表示は
さほど重要ではありません。

 

その理由については後ほどご説明しますが、

ここで勘違いしないで欲しいのは、
ビックワードを軸にしない方が良いと言うことでは
ありません。

 

ビッグワードであるほど競合が多いと言うことを
知った上で、選んで欲しいと言うことです。

 

発信する情報とターゲットにあわせて、
できるだけキーワードの意味する範囲を絞るように
してください。

 

ブログのテーマが "婚活" ならば、
"出会い" よりも "婚活" をキーワードの軸とした方が
上位表示を狙いやすいですし、
何より "婚活" を目的とする人は
"出会い" ではなく "婚活" で検索する確率の方が
圧倒的に高いからです。

 

ただし、競合の多いビッグワードでも
それ "単体" でなければ上位表示は可能です。

 

軸となるキーワードを選ぶ際には、
ブログの趣旨に沿ったキーワードであることを
重視してください。

 

そうして選んだ軸となるキーワードを
先ほど紹介したツールに仕掛けることで、
関連キーワードを抽出することができます。

 

軸となるキーワードと、
抽出した関連キーワードを組み合わせることで、
2~3語の "複合キーワード" を作ります。

 

 

複合キーワードを制する者は検索エンジンを制す

例えば、検索エンジンで欲しい情報を探す時のことを
思い出してみてください。

 

おそらく検索キーワードが1語だけと言うことは
ほとんどないはずです。

 

もしかしたら最初は単体キーワードで検索するかも
知れませんが、

"婚活"+"サイト"+"おすすめ"
"婚活"+"パーティ"+"地名"

のように、目的や欲しい情報がハッキリしてくるほど、
キーワードの数が増えるはずです。

 

なぜなら、キーワードの数が少ないほど、
目的の情報に辿り着くまでに時間がかかることを
みんな知っているからです。

 

このように、普段感覚的にやっていることが、
キーワードを考える上で非常に重要なポイントになります。

 

そもそも1語で検索する時って、
キーワードそのものの意味だったり、
メーカーのHPにあるような商品の情報が知りたい時です。

 

もちろん "ビッグワード単体" で上位表示できたら、
膨大なアクセスを集められることは間違いありません。

 

しかしアフィリエイトのターゲットとなり得る読者は、
自身が抱える欲求や悩みに対して
何らかの解決策を求めている人たちです。

 

例えば、買う商品は決まっていても、
買う店や買う方法が決まっていなければ、
"できるだけ安く買いたい" と言う欲求もあるはずです。

 

つまり、

"婚活"+"サイト"+"無料"

のように、複合キーワードで検索される可能性の方が
高いさえと言えます。

 

そうした人が求める情報を探す時に、
使うキーワードが1語でと言うことはないのです。

 

つまりアフィリエイトにおいて、
"ビッグワード単体" での上位表示には
それほど意味がありません。

 

それを裏付ける根拠がもう一つあります。

 

仮に1語で上位表示されたとしても、
2語3語指定した時にも同様に
上位表示されるわけではないと言うことです。

 

例えば、"婚活" で検索すると、
一番上には某有名企業のHPが表示されます。

 

しかし "婚活""パーティ" で検索しても
先ほどのHPは全く表示されません。

 

ここで、僕がこの記事の冒頭で言ったことを
思い出して欲しいのですが、

記事の内容はお粗末であっても、
タイトルや本文にキーワードが "適切" に入っていれば、
狙ったキーワードでの上位表示は可能

 

つまりここで言う "適切" とは、
"複合キーワード" のことです。

 

そしてこの事実を踏まえると、
非常に重要なことが分かります。

 

検索ボリューム数10万のビッグワード1つ

検索ボリューム数1万の複合キーワード10組

 

アフィリエイトにおいて、どちらの上位表示の方が
価値があるかは明白ですよね。

 

同じ検索ボリューム数10万でも、
前者と後者では "アクセスの濃さ" が違います。

 

あなたの発信する情報をより欲しているアクセスは
後者であることは言うまでもありません。

 

前者には、あなたの情報に全く興味のないアクセスも
含まれているからです。

 

ビッグワードで1位を取るのは至難の業ですが、
ビッグワード+2語ならば、
1位での表示はそれほど難しくありません。

 

ビッグワードでそこそこの順位よりも
複合キーワードで1位を取りまくった方が、
より多くのアクセスを集めることができるのです。

"婚活"+"パーティ"+"アラフォー"
"婚活"+"パーティ"+"年収"
"婚活"+"イベント"+"40代"
"婚活"+"イベント"+"地名"
"結婚"+"アラフォー"+"年収"

     :

こうした複合キーワードの網を張り巡らすことで、
結果的により広範囲のターゲットを
捕まえられるようになります。

 

本文にキーワードが含まれているだけで、
検索にヒットすることもあります。

 

これが "ロングテールSEO" と言われる
複合キーワードをベースとした戦略です。

 

個人レベルで膨大な濃いアクセスを集めるには、
最も有効で実現しやすいSEO対策の一つであることは
間違いありません。

 

今回はロングテールSEOの一部をご説明しましたが、
"LUREA" とかだとさらに実践的な手法について
触れられていたりしますね。

 

アフィリエイトブログを戦略的に展開しようとしているなら、
方向性が固まってしまう前に
きっちりと押さえておくことをお薦めします。

 

>> お宝キーワードを発掘する方法

 

 

ランキングに参加してますので、応援クリックをお願いします_(._.)_


このブログの順位を見てみる

ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログの順位を見てみる

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ