リンク一つで滞在時間とPV数を増やすSEO対策

"ブログを検索結果の上位に表示させる"
これはブログアフィリエイトで稼ぎたいならば、
避けては通れない大きなテーマです。

 

今回は誰でも簡単にできて、
しかも超効果的なSEO対策を紹介しようと思います。

 

最近ではサイトの価値を高めることの重要性が
多く語られています。

 

被リンクを獲得することに尽きる外的SEOとは違い、
内的SEOには多くの要素があります。

 

その中でも特に効果のあるSEO対策の一つとして、
"滞在時間を伸ばす" ことが挙げられます。

 

PV数アップが滞在時間を伸ばす鍵

まずは "滞在時間" と "PV数" について、
簡単に説明しておきます。

 

滞在時間

読者がサイトを訪れてから、別のサイトに移動するか、
もしくはブラウザを閉じるまでの時間を指します。
その言葉どおり、
読者がサイトに滞在していた時間と考えて構いません。

 

PV数

ページビュー(Page View)の略。

サイトへの訪問者数ではなく、
1つ1つのページがどれだけ表示されたかを表す数字です。

 

"滞在時間" と "PV数"
この2つには非常に密接な関係があります。

 

100人の訪問者がいても、
それぞれの人が1ページずつしか見なければ、
PV数は100です。
(厳密に言うともう少し多くなりますが)

 

しかし訪問者が10人でも、
それぞれの人に10ページずつ見てもらえれば、
PV数は100になります。

 

ここで注目すべきことが2点あります。

 

1つめは、
1ページを読むためにかかる時間が全て同じとした場合、
前者より後者の滞在時間の方が10倍長くなる点。

 

2つめは、
"訪問者を増やす"
"訪問者に記事を読んでもらう"
どちらの方がより簡単かと言うこと。

 

訪問者数を増やすことは、一朝一夕ではかないません。

 

そもそもそのためにSEO対策をして
検索結果の上位表示を狙っているわけですから、
それができれば苦労しないわけです。

 

しかし一度サイトに足を踏み入れた人に、
"あともう1記事" 読んでもらうことは、
上位表示に比べれば難しいことではありません。

 

そしてここで何より重要なのは、

PV数が増えれば、
必然的に滞在時間も伸びるという点です。

 

つまり、訪問者に1つでも多くの記事を
読んでもらえるようにすることが、
有効なSEO対策であると言えます。

 

どうやってPV数を増やすのか

PV数を増やす最も簡単な方法とは、
関連性のある記事をリンクすることです。

 

実際これをやっただけで、
当ブログのPV数は3割程度アップしています。

 

しかしちょっとしたコツがいるので、
そのタネを明かします。

 

読者は目的の情報を得るために、
検索エンジン等から記事に辿り着きます。

 

もし読者がその記事を最後まで読み終えたならば、
その記事は読者にとって少なからず
価値のある情報であったと言えるはずです。

 

ここでちょっと考えてほしいんですが、
もしこの読者があなただとしたら、
この後どうしますか?

 

読み終えた記事が面白かったら、
別の記事も読みたいと思いませんか?

 

読み終えた記事と関連性の強い記事があるなら、
興味を引かれませんか?

 

しかも今正に読み終えたタイミングで
そうした別の記事の存在が視界に飛び込んできたら、
いったんクリックしてみようと思いませんか?

 

もちろん人によるところはあります。

 

しかし実際には、
この行動を取る人はかなり多いと言えます。

 

なぜならネットで情報を探す人の多くは、
その都度記事を検索するのではなく、
関連性のある記事を渡り歩く習性を持っているからです。

 

つまり記事を最後まで読んでもらえたならば、
別の記事を読んでもらえるチャンスだと
考えなければいけません。

 

これでやるべきことはハッキリしたと思います。

 

PV数を増やす簡単な方法とは、
記事の最後に関連性のある別の記事へのリンクを
設置することです。

 

クリックされる確率を飛躍的に上げる方法

ですが最後まで読んだからと言って、
別の記事のリンクを都合良くクリックしてくれるとは
思えませんよね。

 

確かに絶対ではありません。

 

ただ、クリックされる確率を飛躍的に上げる方法なら
あります。

 

ワードプレス等の機能(*)を利用して、
記事の最後にいくつか関連記事を表示させられますが、
それほど訴求力はありません。

(*) この記事の下の方にある "関連記事" と言うやつです。

 

またタグなどを利用して、
記事の相互性を高めると言う方法もありますが、
それほどの訴求力は期待できないでしょう。

 

訴求力に欠ける理由は、
選択肢の数に問題があるからです。

 

「あんな記事」や「こんな記事」もありますよと
多くの選択肢を与えることは
読者に対する親切心からだと思います。

 

しかしそれはブログ管理者の視点にすぎません。

 

選択肢の多さは、時に "煩わしさ" を感じさせる
要因になるので注意が必要です。

 

読者が次に読みたいのは "一番おすすめの記事" です。

 

機械的に表示される記事でもなければ、
記事一覧から自分で選んだ記事でもありません。

 

ブログにどんな記事があるのかは、
そのブログの管理者が一番よく知っています。

 

詳しい人が薦めるものを良いものだと感じるのは、
当然の心理です。

 

読者が次に読みたいのは、そういう記事です。

 

例えば、洋服を買いに行ったとしましょう。

 

たくさん選択肢があって、
どれにしようか決まらない時がありますよね。

 

そんな時、店員さんに「そのシャツお似合いですよ」
なんて言われたら、ちょっと欲しくなりませんか。

 

大して欲しいと思っていなくても、
そのように言われたら、心が揺らぐ人も多いはずです。

 

ですが、どれを買うかも決まらないまま時間が経ち、
店員さんの後押しもないと、
結局何も買わずに店を出てしまうことはないでしょうか。

 

お店からすれば、これは非常に勿体ないことです。

 

商品を目の前にどれにしようか悩んでいる時って、
一種の興奮状態にあります。

 

この興奮状態にある時こそ、
「試着してみませんか」と薦めるチャンスです。

 

その商品を所有した気分を味わってもらうことで、
手放したくないと言う気持ちが生まれ、、、

、、、ちょっと話がそれてきましたので、

この話はまた別の機会にしておきます。

 

いずれにしても、
時間が経つとこの興奮状態はとけてしまうので、
あまりもたもたしてられません。

 

しかも一度冷静になってしまうと、
また買おうと思うには相応のきっかけが必要になるし、
もしかしたらもう欲しいとは思わないかもしれません。

 

ただし、薦めれば良いってものでもありません。

 

あれこれ薦めてくる店員さんに、
「ゆっくり選ばせてくれ」と言いたくなるのは
僕だけではないはず。

 

"ゆっくり選びたい" と言う気持ちは
単に時間的な話だけでなく、

 

あれこれ言われて頭の中が整理できなくなる状態を
避けたいと言う心理からきています。

 

こうした店員さんの行為は
むやみに選択肢を増やすだけでなく、
"煩わしさ" を感じさせる原因となるのです。

 

つまり、人に何かを薦める時には、
"さりげなさ" が必要になってきます。

 

記事の最後にリンクを "一つ" 添えるだけ

これと同じことがブログの場合にも言えます。

 

むしろ記事を読むだけならお金がかからない分、
ブログの方が心理的なハードルは低いでしょう。

 

だからこそ、ほんの少し "推す" だけで、
もう1記事ぐらい読んでみようかなと言う気に
させることができます。

 

ここで最も重要なポイントは、
"推す" のはこれだと思う記事を1つにすることです。

 

先の例からも分かるとおり、
数ある選択肢の中からどれか一つを選ぶと言う行為は、
それほど簡単なことではありません。

 

選ぶと言う行為は、
できるだけ避けたい思うのが人の心理なのです。

 

既に決まっている方が圧倒的に楽だと思えます。

 

つまり "選択肢を与えないこと" です。

 

ちょっと響きが悪いでしょうか?

 

しかしこれこそ読者に煩わしさを感じさせない
真の気遣いとも言えます。

 

「他にもこんなに色々な記事がありますよ」と
100にも渡る記事の一覧を見せられても
ちょっと困りませんか?

 

もちろん記事一覧を設けることは、
ユーザビリティを高める上で非常に効果的ですが、
記事一覧から選ぶ人はこちらが推すまでもなく、
既に他の記事に興味を示している人です。

 

しかしここで言いたいのは、
まだ別の記事を読もうと思っていない人に
読んでも良いかなと思わせることです。

 

そう思わせたいなら、
間違っても記事をリンクまみれにしてはいけません。

 

そもそもリンクまみれの記事を見て、
そのリンクをクリックしたいと思うでしょうか。

 

そうした記事って内容がいまいち入ってこないし、
僕なら "煩わしさ" しか感じません。

 

あれこれ薦めてくる店員さんと同じです。

 

それよりも、
「この記事を読んだなら、こっちも読んでおいた方が良いですよ」と、

記事の一番最後に別の記事へのリンクを一つだけ、
そっと設置しておくだけで十分です。

 

そしてその別の記事の最後にも、
またリンクを一つだけ設置しておいてください。

 

できるだけ関連性の高い記事どうしを繋げて、
ストーリー性を持たせられると理想的です。

 

そうすることで、読者は自身の興味が続く限り、
あなたのブログを巡回し続けてくれます。

 

たったこれだけのことですが、
PV数を増やし、滞在時間を伸ばすことができる根拠を
理解いただけたかと思います。

 

効果のほどはあなた自身の目で確かめてみてください。

 

>> 複合キーワードを制する者は検索エンジンを制す

 

 

ランキングに参加してますので、応援クリックをお願いします_(._.)_


このブログの順位を見てみる

ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログの順位を見てみる

 

5 Responses to “リンク一つで滞在時間とPV数を増やすSEO対策”

  1. 五平太 より:

    こんばんは。
    五平太です。

    なるほどですね~!!
    普段営業マンをやっていながら

    こんな大切なことを
    おろそかにしてました。

    超反省です。
    もっと、滞在時間を
    延ばすことに
    力をいれます。

    初心に戻りたいと
    思います。

    ハッピーになれる
    気づきを
    ありがとうございます。

    応援しながら帰ります。

    • 白鳥 より:

      >五平太さん

      いつもコメント&応援ありがとうございます。

      営業マンの方に褒めてもらえるなんて嬉しい限りです。

      SEOは奥が深いですが、
      力を入れるのはいくつかの重要なポイントに絞った方が
      より効率良く効果を出せると思っています。

  2. こんにちは。
    >記事の一番最後に別の記事へのリンクを一つだけ、そっと設置しておくだけで十分です。
    ちょっとした手間がかかりますが、
    そういうところで差がつくんですね。
    こんにちは。
    >記事の一番最後に別の記事へのリンクを一つだけ、そっと設置しておくだけで十分です。

    こういうちょっとだけ手間のかかることを手を抜かずにやっておくと、やがて役に立つということなんですね。

    ついつい手間をはぶきたくなりますが、そこをぐっとがまんして手間をかけることが
    大切だ、とわかりました。
    勉強になります。
    応援済みです。

    • 白鳥 より:

      >元公務員@ハッピーライフ

      いつもコメント&応援ありがとうございます。

      記事を書いた後にちょっと手を加えておくだけで、
      かなりの効果が期待できますよ。
      良かったらぜひ試してみてください。

  3. すみません。一部重複したコメントになってしまいました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ